2017年11月06日

臼杵竹宵祭り

子供が産まれる前に一度行ったことがあるのですが、
今回は二人の子供を連れて行ってきました。

数日前から朝晩冷え込むようになり少し寒かったです。
ダウンコートを持って行って良かった♪

この竹宵祭りは臼杵の町中が一面竹灯篭で飾り付けられ
夜の街が幻想的な雰囲気に包まれます。

竹を彫って絵を浮き出させたり、竹の灯篭を並べて
絵やオブジェを作ったり。
15099350689251.jpg
町の広範囲にわたって飾り付けられているのでふらふら歩いて
小さなカフェでお茶をする人や、出店や商店街で買い物を
しながら歩いたり。

かなり大規模なので子供を連れていたらすべて回ることは
無理かもしれません。

下の子は暗闇にぼ〜っと光る竹灯篭が少し怖かったみたいで
初めの頃は「抱っこーーー」と私にしがみついてきました。

何万人観光にくるのかわかりませんがどこの道もかなりの人が
いて、どこかのお寺のオブジェを観るのに行列ができていました。

もともと臼杵はそこまで面積が広くなく特に竹灯篭をしている
中心地は道が狭く入り組んでいるのでどこも混雑していました。

もうすこし竹灯篭のオブジェを観て回りたかったのですが、
到着したのが遅くてあっという間に終了する21時に。。。

いつもはそろそろ寝る時間の子供たちも一生懸命歩いたので
帰りの車ではあっという間に寝ていました。

posted by aiko at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

最近ネタがなくてね・・・

あっーーー、気付けばもう11月。
なんでこうも時がたつのは早いのかしら。

最近はこれといってブログに書くほどの出来事はなかったのですが、
お兄ちゃんは細々と勉強を続けていて、最近テレビや絵本など
目につく文字を一生懸命読もうとしています。

今日は二人とも保育園の遠足に行っています。
そして今朝はお弁当でした(-_-)
しかも一か月に一回のお弁当日なのに今月は月末にもう一度
お弁当日があるんです(T_T)

そして11月は祝祭日が2日もあるというママ泣かせの月です。
やっと乗り切ったと思ったら12月になってバタバタして
今年も終わるんだろうな。。。


posted by aiko at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

わからない

5日前から鼻水がでて風邪かな?と思っていたら
3日前から胸が苦しくなりだし、まさか4回目の
マイコプラズマ肺炎じゃないよねーと思っていたのですが、
マイコの特徴的な症状が感じられず、喘息なのかな?と
思い昨日病院へ行ったんですよ。

で担当した医師に「風邪の症状から始まり、今は胸が苦しくて
喘息のような症状が出ている、原因はわからない」と伝えると
息をふーーっと吐く呼吸機能検査(スパイロメーター)を
するよう言われたんです。

その検査結果は問題なしで、聴診や問診から「あなたは喘息ではないです」と
の事。

でその後ですよ!先生なんて言ったと思います?


「であなたはなんで(病院に)来たの?」とな

おいおいおいおい・・・・(-_-)
胸が苦しいって言ってるじゃん!喘息のような症状ですと伝えたじゃん!!
検査結果から喘息じゃないとわかったら別の原因を示すのが医者だろ!!
あるいは血液検査や肺のレントゲンを撮ってみるとか他の検査をしてみるとか!

とりあえず私は「胸が苦しくてその原因は何か?それに対する薬を処方して
欲しいからです」と淡々と答えましたよ。

するとまたその医者は喘息の症状を語り始めあなたはそのような症状はない
むしろ一番苦しい時に検査をしないと喘息かどうかはわからないとまで
言い放っていましたよ。もう私はその発言にただただびっくり!!!

だって患者は一番苦しい時に来れるとは限らないよね。働いている人もいるし
ピークは過ぎたけどなかなか良くならないから診てもらおうっていう
人もいるだろうし受診するタイミングは人それぞれのハズ。

それをそんな言い方する!?
とにかく私は診察室に入った時からこの医者は大丈夫か?っていう
雰囲気を察知していたので聞かれたことは答えるけれどこちらから
余計なことは話さず医師が何を話すか静かに聞いていたんですよ。

「一番苦しい時に来ないと喘息かどうかわからない」の後に
私は「はぁ」と返事をするとなんとその医者

「だから(原因は)わからない」

と言い放ちましたよ!

(-_-)

(-_-)

(-_-)

(-_-)

(-_-)


もう心のなかでチ〜〜〜〜〜〜ンっていう音が鳴りました・・・

でもわからないと言われても事実私は苦しいからね。

もうここまでくると面白いのでこの医師の着地点はどうなるのかと思って
また「はぁ」と言って医師の出方を待っていたんですよ。

すると今度は「喘息喘息って患者はいうけれど、本当に喘息の患者は少ないからね」
「医師から咳が出て喘息のような症状が出ていると言われると本人は自分は喘息だと
思い込んでいる患者が多いから」

「あなたは喘息ではない。私は(原因は)わからない、さてどうしましょうか」

だってーーーーーーーーーーーーーーー(-_-)

もうどうしようもない医師だね、この人。

結局「様子をみましょう」って言われて薬も処方されず帰されました。

それで治療費1,800円也

ぼったくりじゃ、ボケーーーーー(-゛-メ)










posted by aiko at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする