2017年08月07日

台風5号とお弁当日は朝から忙しいよ(^_^;)

今年は九州は災害が多いですね。
私の所は昨晩通り過ぎて行きました。

子供が寝る直前ゴーーーっと音がするので「怖いよ」と
言っていました。

私も何となく音が気になって何度か目覚めては外の様子を
伺ったりしていましたが朝には時折強い風が吹いて、雨が
パラパラ降る程度になっていました。

ということは今日は保育園は行ける!!!ということです。
けれどお弁当持参日になってしまうということ!!

実は先日の土曜日に「台風が近づいていて月曜日の食材の調達が
出来ないので月曜日登園予定の家庭はお弁当持参で!」といわれて
いたんです。

でも「月曜日台風が直撃していて登園できる状態でない
場合は保育園自体が臨時休園になるので連絡があります」

と言われていました。つまりお弁当を準備しても休園になる
可能性があるということ。

なんせお弁当の日は前日にできるだけ仕込みを終わらせて
当日は5時半起きですからねっ!

作っている最中に電話が来てやっぱり休園ですと言われたら
ガックリくるじゃないですか・・・(^_^;)

それは避けることができました、、、が5時半に私が起きた気配を
感じて下の子が目を覚まし「ママーーーー」って泣いているでは
ないですか!!

ゲーーーーーーーー(-_-)
これから急いで作ろうと思っているのにやめてーーー

ここは急がばまわれだ!と焦る気持ちを抑え
もう一度寝かしつけようと思って横になり寝たかな?と
思って去ろうと思ったら、、、

「ママ、トントンして」とママが行くのを完全阻止!!
もうしょうがない・・・
ずっとトントンするから早く寝て!と心の中で思い
じっと耐えることと数分。

寝たことを確認してキッチンへ戻るとしばらくして
「ママー」の声(-_-)

もう寝かしつけることはあきらめました。
とりあえず一緒に布団に戻り「ママはお弁当の用意しなくちゃ
いけないからここで寝ていてね」と言い残しキッチンへ戻りました。

結局しばらくゴロゴロしていたけどまたキッチンへきて
「ママ、これ何?」「ママ、これみーせーて」といろいろ
ちゃちゃを入れるのでママは若干イライラモード。

適当に返事をしていたら突然「着替える」と言って
全裸になり歩き回っていましたよ。たぶんママに構って
欲しかったんでしょうね、トホホ(-_-)

なんとかお弁当を間に合わせ保育園に連れて行くことができました。
ふぅ、朝からぐったりダゼ。
posted by aiko at 13:30| Comment(0) | 弟くん-2歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

熊本 料理旅館○る○

お盆が終わったーーーー!

はい、いつもの急なお休み宣言!
また前日の夜から二人で一生懸命探しました。

Kがここにしようと予約完了した後ひとつ残念な
お知らせが・・・とぽつり。
予約したところは温泉ではなかった(>_<)!!!!!

そんなことってある!?
もうこの時期はすっごく高いお宿か夕食が付いてない宿、
和室ではない部屋しか残っていなくてしょうがないから
そこに決めました。

、、、で宿泊しての感想は
「やっぱり温泉宿じゃないと物足りない!」

『宿に到着してひとっ風呂、夕食を食べてもう一度お風呂。
朝早く起きて人の少ない温泉で眠気を覚まし朝食へ』
っていうのが温泉宿の醍醐味じゃないですか?

もう不完全燃焼ですよ・・・

そこの宿は温泉宿でなくても評価が高いので
相当料理が美味しいのね!と思ったけど目にも鮮やかな料理が
出てくる訳でもなくすっごく美味しいわけでもなく・・・

お部屋も受付ロビーのすぐ横の部屋で呼び出し鈴がよく鳴るし・・・
全室内湯が付いていますってただのお家にあるお風呂と変わらない。
しかも、ですよシャワーと蛇口からのお湯の出が悪すぎる。
お湯をためながらシャワーを使ったらちょろちょろってくらいしか
出ないんですよ!

シャワー単体で使っても打ち付けるほどお湯が出ない。
髪の長い人はシャンプーが落ちにくくてイライラするだろうなと
思うくらいひどい。。。

温泉じゃないならせめてお風呂の設備くらいきちんとして欲しい
よとテンションガタ落ち。

家族で入れる大きめのお風呂も予約すれば入れるけれど
ひとつしかないので他の予約が入っているため希望の時間には
はいれず。。。

阿蘇神社の近くにある旅館なのでもともとは阿蘇神社に参拝する
方のための宿とか法事などの仕出しなんかをしていたんだろうな
と思わせるような料理や宿の造りでした。

子供達はお泊りで楽しくってお部屋や食事中走り回るのなんのって!
夕飯が個室だったのでそれだけは良かったわ。
2017-08-21_10.04.39.jpg





posted by aiko at 10:02| Comment(0) | 観光・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする